妊婦整体・マタニティ整体・産後骨盤矯正・産後ダイエット・妊活整体・不妊整体なら、どうぞお任せください。

妊婦整体、産後骨盤矯正、妊活整体、産後ダイエットなら

ファミリー自然医学整体院

〒463-0057 名古屋市守山区中新5-2

ファミリー自然医学整体院 ※定休日:日曜
開院:9:00~21:00/受付:9:00~21:00                        

ファミリー自然医学整体院
TEL/FAX:052-791-1355

名古屋市で圧倒的人気!自然妊娠を目指す二人目不妊 不妊整体 妊活整体 男性不妊の整体が専門

すごく役立つ”二人目不妊の整体
特別情報①

ファミリー自然医学整体院
(名古屋・妊活整体サポートセンター)

CIMG1468 (2)shu31.jpg

自然妊娠を目指す二人目不妊の整体、不妊整体、妊活整体、男性不妊の整体、またタイミング療法、人工授精、体外受精、顕微授精との併用、二人目の妊娠力アップのための健康なお身体作りの無料相談やキャンペーンのご予約は今すぐお電話又はLINEメールで!!

052-791-1355

ファミリー自然医学整体院

(ソフトで安心のスーパー緩温法)

休日:日曜のみ完全予約制(施術約60分)
赤ちゃん連れ 子連れOK

 当整体院へのアクセスはこちら
 施術料

 LINE予約・メール予約はこちら

友だち追加

健康的で経済的な方法で二人目不妊の本当の原因を改善しよう!

ファミリー自然医学整体院では、妊活中の貴女がなかなか二人目を自然妊娠できない本当の原因を改善して貴女の卵子のミトコンドリアの数を増やし自然妊娠しやすいお体を作ることを目指しています。

妊活の成功には理由があります!
貴女の妊娠力アップを強力サポート

すごく役立つ”妊活”特別情報の最新版です(写真をクリック)
【最新情報コーナー】

ただ今”ぐっと”お得な
ファミリー特別キャンペーン実施中!
(初回限定50%オフ)

CIMG5578 (2)as.jpg

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第20回配信

二人目を妊娠しやすい排卵日を特定するタイミング法について

☆排卵日を特定することが最初にやるべき重要事項!

●貴女が二人目を妊娠するためには、卵子と精子が確実に受精することが必要ですが、そのためには排卵日を特定することが必要です。

●排卵日を特定するには主に三つの方法があります。

①基礎体温から推察する。

②排卵検査薬を使用する。

③子宮頚管の粘度をチェックする。

CIMG0023s10.jpg

CIMG5578 (2)as.jpg

二人目の妊娠率を高める基本的で最重要な事について!

●性交渉のタイミングは多いほど妊娠する確率は高くなります。

●精子は毎日射精しても運動率や質や濃度にはあまり変化がなく、反対に数日間の禁欲を行うことで精子の質は悪くなるのです。

☆卵子や精子が高い受精能力を維持できる時間について!

●二人目の妊娠率に大きく影響する卵子や精子が元気である時間を一般的には、卵子は24時間、精子は5日間と考えます。

CIMG0023s10.jpg

CIMG5578 (2)as.jpg

最も二人目を妊娠しやすいタイミングについて

☆貴女が周期毎に妊娠可能な日は排卵日の5日前から当日までの6日間

●6日間の中での妊娠率は、排卵日の二日前のタイミングが最も高く、次に前日、次に排卵日の順になります。

☆卵子と精子が卵管膨大部で確実に出会うためには!

●貴女の排卵された卵子が卵管膨大部に到達した時にには必ず精子が待ち受けている状態にすること。そのために排卵前の6日間に可能な限りタイミングを多くとり、少なくとも2日前、前日、当日にタイミングを取ることです。

CIMG0023s10.jpg

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第19回配信

AGE(お身体の糖化)と二人目不妊の関係とは?

CIMG4157shu.jpg

甘い食べ物の摂り過ぎで高血糖になりインスリン抵抗性に!

CIMG5578 (2)as.jpg

☆タンパク質と糖が加熱され生成される不妊や老化の原因物質です!

●最近の二人目の妊活中の女性の食生活を考えますと、スイーツやパンやピザまたは甘いジュースなどの糖類や炭水化物を摂る機会が多くなったのではないでしょうか?

●そのような食事をすると貴女の血糖値が急激に上がるので、すい臓からインスリンが分泌され血糖値を下げようとします。

☆インスリン抵抗性になり、血糖値が高い状態が継続します!

●しかしそのような食生活の機会が多いと、すい臓も疲れ果て徐々に質の悪いインスリンを分泌するようになり、血液中にはブドウ糖やインスリンが多くあり、このような状態をインスリン抵抗性と言います。

甘い食物の摂り過ぎで高血糖になりインスリン抵抗性に!

CIMG5578 (2)as.jpg

☆インスリン抵抗性になるとこんな症状が起きます!

●インスリンの働きとは、血液中の糖を60兆個ある貴女のお身体の細胞に取り込み、細胞内のミトコンドリアで燃やしてエネルギーを生み出すことですが、インスリン抵抗性になると・・・

★貴女の細胞でエネルギーを作る効率が低下します!

★それぞれの細胞が本来の働きができなくなります!

★妊娠するための大切な質の良い卵子ができなくなります!

★受精卵が着床するための子宮内膜が悪い状態になります!

血液中の糖とタンパク質が体温で反応してAGEを生成!

CIMG5578 (2)as.jpg

☆血液中の糖とタンパク質が体温で温められAGEを生成します!

●二人目の妊活中の貴女がインスリン抵抗性などで血糖値の高い状態が続くと、お身体のタンパク質と血液中の糖が結び付き、AGE(終末糖化産物)を生成します。

●AGEが生成すると、それが貴女のお身体のいろいろな部位に蓄積します。そこでは活性酸素も多量に発生します。例えば卵巣の近辺にAGEが蓄積すると卵巣の機能が低下し、その中の卵子の成長にも大きく影響し、また子宮にAGEが蓄積すれば受精卵が着床する子宮内膜の質に影響します。このようにAGEは不妊の大きな原因になるのです。

●またAGEが骨や血管に蓄積すると、骨や血管はもろくなってしまいます。またお肌に溜まればお肌の弾力性がなくなってしまいます。

AGE(糖化)が生成しない生活環境を作ろう!

CIMG5578 (2)as.jpg

糖分や炭水化物の摂り過ぎに注意して血糖値の急上昇に防ごう!

☆ウォーキングなどの運動を毎日、太陽光を浴びて30分ほど行い、セロトニンの分泌も活発にしましょう!

☆睡眠は長さだけでなく、いつ寝ていつ起きるかが重要で抗酸化力のあるメラトニンの分泌を活発にしましょう!

☆適切な体重が大切で、肥満はインスリン抵抗性になりやすく、痩せすぎは不妊の原因になります!

☆ストレスを減らし、心に余裕を持ち、感謝の気持ちで笑いのある生活環境を作ろう!

CIMG5578 (2)as.jpg

AGE(終末糖化物質)の体内での発生を抑えるには?

CIMG4157shu.jpg

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第18回配信

子宮内で病原菌と免疫細胞との戦い(炎症)が始まります!

慢性子宮内膜炎などの炎症を発症します!

CIMG5578 (2)as.jpg

●いろいろな原因で二人目の妊活中の貴女の子宮内に入り込んだ病原菌、悪玉菌、毒素などを取り除くために子宮内に多くの免疫細胞が集結します。

●すると貴女の子宮内で免疫細胞と病原菌などとの熾烈なバトル(戦い)が展開されるのです。すると慢性子宮内膜炎などが発症するのです。

●でもその時、子宮内に受精卵があったとしたらその受精卵はどうなるのでしょうか?

免疫細胞が母体にとって異物の受精卵をなぜ攻撃するの?

CIMG5578 (2)as.jpg

●二人目の妊活中の貴女の子宮内の病原菌などが増加するとそれらを除去する役割の免疫細胞もどんどん数を増し強くなります。

●すると強くなった免疫細胞は本当は攻撃してはいけない受精卵に対して異物として攻撃してしまうのです。

●せっかく命を授かった受精卵は着床して育つことができなくなるのです。このような理由で貴女の子宮内において、病原菌などが増加して乳酸を産生するラクトバチルスの割合が減少すると二人目を妊娠しづらくなるのです。

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第17回配信

子宮内のラクトバチルスの数(乳酸生成)に影響する要因とは?

子宮内のラクトバチルスの割合に影響する要因1

ストレスにより自律神経のバランスが崩れ免疫力が低下します!

CIMG5578 (2)as.jpg

●二人目の妊活中の貴女が日常生活でいろいろなストレスを感じることがあると思います。すると自律神経の交感神経が優位に働き、副交感神経とのバランスが崩れます。

●すると貴女の子宮内において白血球の免疫細胞が生産する抗体の免疫グロブリンの数が減少します。

●二人目の妊活中の貴女がストレスを感じると、副腎がコルチゾールを産生する影響で女性ホルモンの原料のコレステロールが不足し、そのため女性ホルモンの産生が減少します。

すると女性ホルモンと強い関係にある子宮内のラクトバチルスが十分な乳酸を産生できず、病原菌が増殖し逆に善玉菌のラクトバチルスが減少します。

子宮内のラクトバチルスの割合に影響する要因2

オメガ6の摂り過ぎで産生するプロスタグランジンが原因で炎症を発症!

CIMG5578 (2)as.jpg

●二人目の妊活中の貴女はお食事でオメガ6(リノール酸)を摂り過ぎているのではないでしょうか?オメガ6を摂り過ぎると炎症物質のプロスタグランジンが産生されます。すると子宮内で炎症を発症しやすくなるのです。

●炎症が起きると副腎がコルチゾールで炎症を抑えようとするため、女性ホルモンの原料が不足します。

●貴女の子宮内のラクトバチルスの乳酸を作る働きは女性ホルモンと強く関わっているので、女性ホルモンが減少すれが乳酸が十分に産生されず病原菌が繁殖する原因になると考えられます。

子宮内のラクトバチルスの割合に影響する要因3

生理用品が原因で使用中に雑菌が増殖して膣から子宮内へ?

CIMG5578 (2)as.jpg

●妊活中の多くの女性が使用している紙ナプキンは石油から作る高分子の化学物質です。生理用品は厚生労働省の認可基準で作られ、色は白色と法律で決められています。

●そのため製品の製造過程で漂白処理をする必要があるので、その過程で製品に環境ホルモンのダイオキシンなどが残留します。

●環境ホルモンは女性ホルモンのエストロゲンに似た作用をすることがあり女性ホルモンのバランスが崩れる原因になると言われています。

●また生理中で紙ナプキンをしている間は雑菌が繁殖しやすく、それらの雑菌が子宮頚管を通して貴女の子宮に入り込むことが考えられます。

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第16回配信

二人目の妊娠率に大きく影響する子宮内フローラとは?

CIMG5578 (2)as.jpg

☆子宮内や膣内のラクトバチルスという乳酸菌とは?

●つい最近まで子宮内の菌は非常に少なく、子宮内は無菌状態であると言われてきました。

●しかし検査技術が向上して子宮内にも腸内フローラと同じように常在菌が住み着いていて子宮内フローラを形成していることが明確になってきました。

●二人目の妊活中の貴女の子宮内や膣内にも乳酸菌の一種のラクトバチルスが多く存在していて、ラクトバチルスは貴女の子宮内や膣内を酸性に保ち、病原菌が増殖することを抑制しています。

●子宮内にラクトバチルスが多い場合は受精卵が着床しやすく、ラクトバチルスが少ない場合は受精卵が着床しにくく二人目の妊娠率がかなり低下します。子宮内にラクトバチルスが少ないことが原因で二人目を妊娠できないケースが多くあると推測されます。

子宮内の乳酸菌ラクトバチルスはどこからやって来たのでしょうか?

CIMG5578 (2)as.jpg

●そもそも貴女の子宮内フローラを形成している乳酸菌ラクトバチルスはどこからやってきたのでしょうか?

●子宮内フローラを形成しているいろいろな菌のDNAが腸内フローラを形成している菌のDNAに非常に似ているという報告があります。

●子宮内フローラの菌と腸内フローラの菌が似ているということは何を意味するのでしょうか?

●一つの可能性としては、腸内のいろいろな善玉菌、悪玉菌、毒素、老廃物などが、腸の上皮細胞に隙間ができるリーキーガット症候群により血液に入り込み、お身体を巡って子宮に蓄積することです。

子宮内の乳酸菌ラクトバチルスが膣から入り込むケース

CIMG5578 (2)as.jpg

●以前から膣内にはラクトバジルスなどの菌が多く存在していて、ラクトバチルスが生産する乳酸によって細菌性膣症、性感染症、尿路感染症などの原因になる病原菌が繁殖するのを防いでいることはわかっていました。

●膣にいるラクトバチルスや他の雑菌が子宮頚管を通して貴女の子宮内に入り込み子宮内フローラを形成するという可能性です。

女性ホルモンの作用でラクトバチルスが乳酸を生産できる?

CIMG5578 (2)as.jpg

●膣内のラクトバチルスは、女性ホルモンの作用によって膣の上皮細胞から分泌されるグリコーゲンを代謝して乳酸を生成します。

●つまり二人目の妊活中の貴女の女性ホルモンの大きな影響により、ラクトバチルスは乳酸を生成できるということです。

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第15回配信

二人目妊活でのサラダ油(オメガ6)の危険性とは?

CIMG5578 (2)as.jpg

☆サラダ油などのオメガ6(リノール酸)の摂り過ぎが原因なの?

●最近の二人目の妊活中の女性の食生活では、必須脂肪酸(体内で合成不可)であるオメガ3(αリノレン酸)やオメガ6(リノール酸)の摂取バランスがまったく崩れていて、オメガ3:オメガ6=1:4が理想ですが、オメガ3の摂取量が少な過ぎ、オメガ6の摂取量が極端に多くなっているのです。

CIMG5578 (2)as.jpg

☆サラダ油の摂り過ぎで二人目の妊活中の貴女の細胞膜が劣化します!

●私達の身体は60兆個の細胞でできています。それぞれの細胞は細胞膜を通して、栄養や酸素を取り込んでエネルギーを産生し、また細胞内の老廃物を排出しています。

もし二人目の妊活中の貴女がオメガ6(リノール酸)を摂り過ぎると、子宮や卵巣などの細胞膜の質が悪くなり、細胞膜の本来の働きができなくなり、卵巣の外側の膜が硬くなり排卵しづらくなったり、卵子のある卵胞の成育に影響したり、受精卵が着床する子宮に炎症を起こし着床できなくなる原因にもなるのです。

CIMG5578 (2)as.jpg

☆リノール酸(オメガ6)はプロスタグランジン(炎症物質)を産生!

●サラダ油などのリノール酸(オメガ6)などの多価不飽和脂肪酸はいろいろな炎症の原因になります。

●サラダ油の多量摂取により、炎症物質のプロスタグランジンが二人目の妊活中の貴女のお身体全体に炎症を起こすのです。

妊活中の炎症が不妊の原因になる3つの理由!

  1. 活性酸素が発生し、子宮や卵巣、子宮内膜を傷つけます!
  2. タンパク合成が低下して良質の卵ができない!
  3. 妊娠に最も大切な女性ホルモンの分泌が不十分になります!

オメガ6の摂り過ぎは二人目不妊の原因になります!

CIMG5578 (2)as.jpg

☆リノール酸(オメガ6)の多量摂取により子宮や卵巣の血流が悪くなります!

●オメガ6(リノール酸)により血管に炎症が発生すると、動脈硬化になりやすく、リノール酸は血液を凝固させる作用があるので、血液自身もドロドロになり、二人目の妊活中の貴女の子宮や卵巣の血流も悪くなります。

☆リノール酸の多量摂取で起きる症状について

・不妊・痒み ・乾燥肌 ・アトピー性皮膚炎 ・花粉症 ・炎症性の腸疾患 ・気管支炎・ガン ・乾癬 ・アレルギー ・肝炎 ・血栓 ・うつ病 ・高血圧症 ・認知症など

オメガ6の摂り過ぎは二人目不妊の原因になります!

CIMG5578 (2)as.jpg

☆オメガ3脂肪酸を積極的に摂りましょう!

オメガ3脂肪酸(αリノレン酸)を多く含む食材とは・・・

・魚の油 ・えごま油 ・あまに油などの油を積極的に摂りましょう!

 

☆サラダ油(リノール酸)は不妊やアレルギーやガンを増やすと言われています。

☆”サラダ油は安全”という神話に惑わされず正しい知識を持ちましょう!

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第14回配信

二人目の妊活中のトランス脂肪酸(マーガリン)の危険性とは?

CIMG5578 (2)as.jpg

☆トランス脂肪酸はいろいろな形で二人目の妊活中の貴女の身体に入ってきます!

●二人目の妊活中の貴女がご家庭で調理の時に使用する油に入っていたり、スーパーやコンビニでの揚げ物に使用する油や菓子パン、ケーキ、チョコレート、クラッカー、スナック菓子、アイスクリーム、レトルトカレー、またサラダ油、マヨネーズ、ドレッシング、冷凍食品などいろいろな食品にも含まれています。

☆マーガリン(トランス脂肪酸)はどのように製造するのでしょうか?

●大豆油、菜種油、コーン油、パーム油などに水素添加して無理に性質を変え、常温でも固形である、自然界にないプラスチックに構造が似ている油なんです。

☆トランス脂肪酸には多くの危険性があります!

●トランス脂肪酸は役に立たないばかりか、確実に二人目の妊活中のお身体に害を及ぼします。貴女が食事でトランス脂肪酸を摂ると・・・

★トランス脂肪酸は自然界にない構造なので、それを分解したり代謝をするのに時間がかかりその際に二人目を妊娠するために必要な貴重なビタミンやミネラルを多く使ってしまい、お身体の他の代謝にも大きく影響するのです。

★トランス脂肪酸は完全に代謝することは難しく、貴女のお身体の脂肪細胞に蓄積しやすく体重増加の原因になります。

CIMG5578 (2)as.jpg

☆トランス脂肪酸は60兆個の細胞の細胞膜の働きに多大な悪影響を!

●貴女の身体には60兆個の細胞があり、その細胞膜には生命活動に大切な役割がたくさんあります。

★細胞の外側と内側の浸透圧を調節する

★細胞内に栄養や酸素を入れ込む

★細胞内で発生した老廃物を細胞外に排出する

★細胞内外の情報を伝達する

●貴女の細胞の細胞膜は脂質でできていますが、トランス脂肪酸が細胞膜に入り込むと、細胞膜を構成しているオメガ3やオメガ6などの不飽和脂肪酸の働きに狂いが生じてしまい、上記した細胞の本来の働きができなくなってしまうのです。

●すると本来細胞内に入ってはいけない毒物が入ったり、細胞内の老廃物が排出しなかったりして二人目を妊娠するために大切な卵巣や子宮、脳細胞、心臓などお身体全ての細胞に支障をきたすのです。

●トランス脂肪酸の入った食品は極力摂らないようにしましょう!

トランス脂肪酸により妊活中の卵巣の細胞膜が不安定に!

すい臓からのインスリンを卵巣が受け取れない状態になるとは?

内頚動静脈565.jpg-1縮小.jpg

●二人目の妊活中の貴女がマーガリンやショートニングなどのトランス脂肪酸の入った食品を食べると、それは貴女の全身の細胞の細胞膜に入り込むことになります。

●二人目の妊娠にとって最も重要な卵巣の細胞膜も例外ではなくトランス脂肪酸が入り込みます。

●貴女の細胞膜は主にオメガ3とオメガ6の脂肪酸で構成されていますが、そこにトランス脂肪酸が入り込むと貴女の卵巣や卵胞の細胞膜のいろいろな大切な働きが悪くなります。

インスリンを卵巣が受け取れないと卵巣の働きが悪化!

内頚動静脈565.jpg-1縮小.jpg

●すると膵臓が分泌したインスリンの卵巣などに対する働きが弱くなり、卵巣にとって必要とする血液中のブドウ糖が貴女の卵巣などに入らなくなるのです。すると卵巣の中の卵子の成長に必要なエネルギーが供給されない状態になります。

●貴女の卵巣の中では、本来20ミリまで成長するべき卵胞が中途半端な大きさまでしか成長しなくなったり、また卵巣の外側が柔軟性が悪くなり、中の卵胞が排卵できなくなるのです。これを多のう胞性卵巣症候群(PCOS)と言い二人目不妊の大きな原因の一つになります。

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第13回配信

ストレス解消の決め手の”βエンドルフィン”の分泌とは?

βエンドルフィンという脳内神経伝達物質とは?

CIMG9932c23.jpg

  • 私たちの脳内では、いろいろな情報が細胞から細胞に伝わることで身体の機能が働いています。
  • 細胞と細胞を繋いでいる部位を”シナプス”と言います。そしてシナプスの間を行き来するのが脳内神経伝達物質なんです。
  • 脳内神経伝達物質は約20種類あると言われていて、βエンドルフィンは脳内神経伝達物質の一種で、他には、ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン、ヒスタミンなどがあります。
  • これらの神経伝達物質は、二人目の妊活中の貴女の睡眠、気持ち、行動、記憶などに大きく関わっているのです。

CIMG5578 (2)as.jpg

当院の妊活の合言葉は①ゆったり②楽しく③気持ち良く!

”快感”と”不快感”のどちらの刺激にも反応するのが特徴です!

βエンドルフィンを積極的に分泌する方法とは?

内頚動静脈565.jpg-1縮小.jpg

●有酸素運動をしましょう!

・少し速足で約30分間ウォーキングをすることをお勧めします!

●趣味など好きで楽しいことをやりましょう!

・好きな音楽を聴く。

・お料理をする。

・ヨガを楽しむ。

●気持ちよい事をしましょう!

・お風呂に入ったり足湯をする。

●嬉しいと感じた時!

・人に褒められた時。

内頚動静脈565.jpg-1縮小.jpg

●人に感謝する時!人に感謝される時!

人に褒められた時。

●おいしい高カロリーの食事をした時!

・糖分や脂肪分の多いアイスクリームやチョコレートなどを食べた時に分泌しますが、食べ過ぎは妊活にマイナスに働くので注意してください。

●ハードな運動をする!

・”ランナーズハイ”など。”ランナーズハイ”とはマラソンランナーが走っている最中に急に疲労感を感じなくなること。

●当整体院の妊活整体”スーパー緩温法”の施術を受けた時!

・当整体院のソフトで気持ちよい妊活整体の”スーパー緩温法”を受けられることで二人目の妊活中の貴女の脳内ではストレスを解消する“βエンドルフィン”の分泌が促されます。

βエンドルフィンで二人目の妊活中のお身体にたくさんの変化が!

内頚動静脈565.jpg-1縮小.jpg

●幸せな気持ちになります!

●ストレスが解消されます!

●強力な鎮痛作用があります!

●免疫力が向上します!

●集中力がアップ、記憶力もアップします!

●お身体の修復作用が積極的に行われます!

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第12回配信

”スーパー緩温法”でβエンドルフィンを分泌!

二人目の妊活の大敵ストレスを解消!

スーパーライザーを活用したソフトで安全で気持ちのよい整体”スーパー緩温法”により、二人目を妊活中の貴女の大切な子宮や卵巣また副腎やお腹を、ほんのりと温めながら同時に気持ちのよい振動をお身体に伝えるオリジナルの手技により緩めることで二人目を妊娠しやすいお身体を作っています!

またソフトで気持ちのよい”スーパー緩温法”により、貴女のお身体全体の血流が改善され、脳内の神経伝達物質であり幸福感が得られると言われているβエンドルフィンの分泌も促され、それにより二人目の妊活に大敵のストレスが大幅に軽減されるのです。

①腸内環境の改善(リーキーガット症候群の改善)

②副腎疲労の改善(女性ホルモンのバランスの改善)

③ストレスの軽減(βエンドルフィンの分泌を促進)

この3つの貴女が二人目妊娠するために最も重要な改善が、当整体院オリジナルの”スーパー緩温法”により行われることで貴女のお身体が早期に二人目を妊娠しやすいお身体に変化していくのです!

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第11回配信

食物酵素いっぱいのローフードで二人目の妊活成功へ!

二人目の妊活に必要なローフードとは生の食べ物のことなんです!

  • 二人目の妊活に成功するために毎日努力をしているお母様は多いと思います。また毎日、ご家族の為また妊娠力を高めるためにいろいろな食材を使って栄養たっぷりの料理を作っているでしょう。

  • 食材としては、季節のお野菜、果物、お魚、お肉、海藻類、お米などいろいろあると思います。

  • そんな食材の中で、二人目の妊活中の貴女は生の食材を毎日どの程度食べているのでしょうか?私たちの身体に大切な食物酵素は生の食材(ローフード)にだけあるのです。

  • ところが最近のお母様は料理をする時に、元々食物酵素を多く含んだ食材を煮たり焼いたり炒めたり油で揚げたりして熱を加えることが多いのではないでしょうか。また製造過程で熱を加えられて食物酵素の少なくなった冷凍食品やレトルト食品も利用することが多いかもしれません。食物酵素は熱に弱いんです。約45度で効力を失います。

酵素には食物酵素、代謝酵素、消化酵素の3種類があります!

CIMG9932c23.jpg

  • ところで、今お話した自然界の食物酵素の他に、貴女の身体は体内酵素として代謝酵素と消化酵素という2種類の酵素を作っています。

  • 代謝酵素とは、二人目の妊娠を望む貴女が呼吸をしたり心臓を動かしたり運動したり脳でいろいろ考えたり、また腸で消化吸収したり自律神経を働かせたり、貴女の生命活動のすべてに関わっているのです。

  • 消化酵素とは、貴女が炭水化物やタンパク質、脂肪などを食べた時に、それらの食物を消化するために唾液や胃や膵臓などから分泌されます。

食物酵素と代謝酵素と消化酵素には重要な関係があります!

CIMG9932c23.jpg

  • 最近の二人目の妊活中の女性の調理方法は、食材に熱を加えることが多いと思います。いろいろなおいしい料理ができるでしょうが、食材の食物酵素は熱に弱く、約45度でその効力がなくなってしまいます。熱を加えられることで食物酵素が貴女の消化を助けることができなくなるのです。

  • すると二人目の妊活中の貴女がそのお料理を食べると、消化するためにより多くの消化酵素が必要になるのです。消化酵素も代謝酵素も貴女のお身体が作る体内酵素なので、消化酵素を多く作る必要があるため、その反動として妊娠に大きく関係する子宮や卵巣が活発に働くために必要な代謝酵素があまり作ることができなくなるのです。

二人目の妊活に成功するには代謝酵素が重要な役割をします!

CIMG9932c23.jpg

  • 貴女が二人目の妊活に成功するために最も重要なことは、お身体の代謝機能を最大限に働かせて、子宮や卵巣の働きを活発にすることなんです。それはいったいどういう事?と思われるかもしれません。

  • 貴女が二人目の妊活に成功するためには、食事で食べた食物が消化吸収され、栄養になり、またそれらの栄養素が代謝酵素を利用して代謝され、二人目を妊娠するために必要な子宮や卵巣が活発に働き、二人目を妊娠するための十分な女性ホルモンが分泌されることなんです。

食物酵素を多く摂ると代謝酵素が活発になり二人目の妊活成功へ!

CIMG9932c23.jpg

  • 先ほどお話したように、食材に45度以上の熱を加えると、食物酵素の働きはなくなります。

  • 二人目の妊活に成功したい貴女が、食物酵素を多く含んだ食物を積極的に摂ると、それらの食物を消化するための消化酵素の必要量が減るので、その影響で貴女のお身体の代謝酵素がより多く分泌されるのです。

  • するとお身体のすべての機能が代謝酵素の働きで活発になり、お身体の調子も快適になり、卵巣内では卵胞が約20ミリまで順調に育ち、排卵し、受精し女性ホルモンによって十分な厚さになった子宮内膜に着床し二人目の妊娠が継続しやすくなるのです。

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第10回配信

活性酸素の子宮や卵巣、精子や卵子への影響とは?

CIMG0100shu.jpg

二人目の妊活中の貴女の腸内では、白血球が悪玉菌が発生した毒素や老廃物また宿便などを処理しますが、その時白血球は活性酸素を発生させ、その活性酸素が腸壁を刺激して腸の炎症の原因になるとも言われています。

また、腸内の動物性タンパク質や脂質(飽和脂肪酸)の未消化物がリーキーガット症候群を発症した腸壁から血管に入り込むことで全身に回ります。お肉類や乳製品の脂質(飽和脂肪酸)はコレステロールや中性脂肪を増やしますので、それにより増加した血液中のコレステロールや中性脂肪が活性酸素により酸化され過酸化脂質に変化します。

また、逆に魚の脂質は不飽和脂肪酸で、これは、悪玉コレステロールを減らしたりするので、動物性タンパク質としてはお魚をお勧めします。

CIMG1445縮小.jpg

参考:人体解剖ビジュアル 医学芸術社

CIMG0100shu.jpg

活性酸素が子宮筋腫や子宮内膜症の原因になる?

二人目の妊活中の貴女の腸のリーキーガット症候群によりお身体の血液中に入ったいろいろな毒素や老廃物、またコレステロール、中性脂肪などが子宮や卵巣に蓄積され、そこで白血球が放出する活性酸素で除去されたり、また中性脂肪やコレステロールは活性酸素により過酸化脂質に変化します。その時にできた過酸化脂質や発生した活性酸素が子宮筋腫や子宮内膜症、また卵巣のう腫の原因の一つになると言われています。

腸の善玉菌と関係する白血球が子宮内の異物を除去!

CIMG0100shu.jpg

二人目の妊活中の貴女の食事の内容や生活環境によって、リーキーガット症候群により血液中に入り込んでしまった未消化物や老廃物、毒素、また合成界面活性剤などは袋状の子宮や卵巣などに蓄積されやすいと言われています。

貴女が毎日使用する合成洗剤に含まれる合成界面活性剤はタンパク質でできている子宮の平滑筋を変形させるとも言われています。また子宮内に入り込んだそれらの異物を白血球が除去しますが、その時に活性酸素を放出し、その活性酸素が子宮を傷めてしまい、子宮筋腫の大きな原因になるとも言われています。

男性の精子は活性酸素で受精能力が減少!

CIMG4157shu.jpg

男性不妊について(二人目不妊の原因の一つ)

酸化ストレスと男性不妊の関係について

男性のお身体に喫煙などの原因で活性酸素が増えた場合、精子には活性酸素に対する抗酸化酵素があまりないので精子は活性酸素に対しては非常に弱く、男性のお身体の活性酸素が精子の頭部にあるDNAを傷つけてしまったり、精子の細胞膜を酸化するのです。このように精子は男性のお身体に発生した活性酸素による酸化ストレスを非常に受けやすいのです。

☆受精卵の分割が正常になる精子の働きと精子の条件について

●男性の精子の働きは、男性のDNAを女性の卵子の中に入れ受精させ新しい生命が誕生させることです。また質の良い受精卵が生まれ順調に分割していくためには、射精された精子の数が少なかったり形が悪かったり運動率が良くないと受精卵の分割が続かず娠する可能性は低くなります。

☆精子は男性の食事内容やストレスなどの生活環境で大きく変化します!

●二人目の妊活中の貴女の卵胞は貴女が生まれた時にはすでに卵巣内にあり、貴女が成長し、時が経つにつれて卵巣内の卵胞の数は減り続けるのです。それに対し男性の精子は思春期を過ぎると、女性と異なり精巣内で毎日生産され続けられるのです。そのため、いろいろな条件で質の低下した精子が、男性の喫煙や飲酒などの生活環境や食事の内容を改善することで短期間で良質な精子に改善できるのです。その良質な精子が卵子と受精することで女性の妊娠率は大幅にアップします。

☆男性不妊の大きな原因の一つの活性酸素が発生する原因とは?

●いろいろな食品添加物や農薬、タバコ、飲酒、電磁波、ストレスなど。

●トランス脂肪酸は細胞膜の質を低下させます。

●肥満は男性ホルモン(テストステロン)の質を低下させます。

●熱い風呂、サウナなどにより精巣の機能は低下します。

☆男性の生活環境を変え精子の質を改善して妊娠率を大幅アップ!

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第9回配信

二人目の妊活中のお身体の炎症は妊娠を確実に妨げます!

二人目を妊活中の貴女は炎症を発症しやすいのです!

現代に生きる二人目を妊活中の貴女は、お仕事や家庭内でいろいろなストレスを感じることが多いと思います。またお食事面でも忙しさのため外食が多くなったり、調理の時間を短縮するためにレトルト食品、冷凍食品などの調理済みの食材も使用することもあるかもしれません。

二人目の妊活中の貴女がストレスを感じ、副腎からストレス対抗ホルモンのコルチゾールが分泌される時、またコルチゾールが分解する時に活性酸素が貴女のお身体に発生します。またコルチゾールの影響で貴女のお身体では血流の変化が起き、その時も活性酸素が発生します。その活性酸素が二人目の妊活中の貴女のお身体に炎症が起きる原因になるのです。

またそれらの調理済みの食品には見栄えや安全性を目的にいろいろな食品添加物が入っています。また最近の二人目を妊活中の貴女は、お肉や乳製品や甘い物をよく食べるかもしれません。すると二人目の妊活中の貴女の腸の内側の粘膜は炎症を起こし、小さな隙間ができるリーキーガット症候群になることがあるのです。

こんな時、二人目の妊活中の貴女に妊娠を阻む炎症がお身体に起きます!

  1. 二人目の妊活中の貴女が多くのストレスを感じた時!
  2. いろいろな原因で腸にリーキガット症候群を発症した時!

二人目の妊活中のお身体の炎症と不妊の関係とは?

現代に生きる二人目の妊活中の女性は、日常のストレスやお食事の内容などにより、お身体のいろいろな部位に炎症が起きます。例えば皮膚の湿疹、アトピー、歯の痛み、鼻炎などの本人が確認できる炎症もあれば、お身体の中の炎症のように自覚が難しい炎症もあります。二人目の妊活中の貴女の子宮や卵巣に炎症があるかもしれません。

二人目の妊活中の炎症が不妊の原因になる3つの理由!

  1. 活性酸素が発生し、子宮や卵巣、子宮内膜を傷つけます!
  2. コルチゾール分泌でタンパク合成が低下して良質の卵ができない!
  3. 妊娠に最も大切な女性ホルモンの分泌が不十分になります!

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第8回配信

ストレスホルモン コルチゾールとは?

二人目不妊の原因になるストレスにコルチゾールは大きく関係!

副腎皮質が分泌するコルチゾールとは?

人目の妊活中の貴女は、精神的にも肉体的にも日常的にいろいろなストレスを感じます。貴女はそのストレスに負けないように対抗するために副腎から副腎皮質ホルモンのコルチゾール(ステロイドホルモン)を分泌します。

コルチゾールを分泌することで、血液中のブドウ糖を増やして脳や筋肉が十分に働けるようにしてストレスに対抗しようとします。また、コルチゾールにはお身体のいろいろな場所で発症した炎症を抑える強力な抗炎症作用もあります。

現代の精神的または身体的ストレスは一時的に終了するものではなく、継続的にストレスを感じるケースが多いので、二人目の妊活中の貴女のお身体では、副腎から分泌されるストレス対抗ホルモンのコルチゾールが長時間に渡り分泌されることが多いのです。

 

ストレスに対抗するコルチゾールが増え過ぎると・・・

CIMG0100shu.jpg

二人目の妊活中のお身体に活性酸素が大量に発生!

コルチゾールを分泌する時や分解する時に卵子や子宮内膜や精子の大敵である活性酸素がお身体に大量に発生します。この発生した二人目の妊活に大きく影響する活性酸素を減らそうと体内の抗酸化酵素(SOD)が働きますが、そのために抗酸化酵素(SOD)が消費され、減少してしまいます。

また、ストレスがあると、コルチゾールが分泌されますが、それにより血管が収縮したり、拡張する際に血流が増大し、この血流の変化でも活性酸素が発生するのです。

CIMG0100shu.jpg

血糖値が上昇します

二人目の妊活中の貴女はストレスに負けないように対抗しようと副腎からコルチゾールなどのホルモンを分泌しますが、そのホルモンの働きにより肝臓のグリコーゲンや体内の筋肉組織のタンパク質などをブドウ糖に変換変えてエネルギーを生み出そうとします。

そうすることで血糖値を上げ脳の働きを活性化したり、筋肉の動きを活発にして妊活中のいろいろなストレスに対抗するのです。

CIMG0100shu.jpg

免疫力が低下します

ストレスを感じると副腎からコルチゾールを分泌しますが、コルチゾールは白血球の免疫力を抑制します。そのためカゼをひきやすくなったり、ストレスが長く続くと、ガン細胞に対抗するナチュラルキラー細胞(NK細胞)の免疫力が低下し、ガン細胞が増殖してガンに罹患すると言われています。

また、免疫が関係する花粉症やぜんそくやアレルギー疾患と関係するとも言われています。

メラトニンで二人目不妊の原因の活性酸素を減らそう

CIMG0100shu.jpg

メラトニンの抗酸化力で活性酸素が減少

私たちが夜に眠たくなるのは、脳から睡眠に導くホルモンのメラトニンが分泌されるからなんです。そのメラトニンは日中に分泌されたセロトニンを原料にするので、日中に多くのセロトニンが分泌されると夜になるとメラトニンの影響で熟睡できるのです。

分泌されたメラトニンは抗酸化力が強く、二人目の妊活中の貴女の身体に日中に発生した活性酸素を除去したり、抗酸化酵素(スーパーオキシドジムスターゼ、SOD)の働きを活性化するとも言われています。そのようなメラトニンの働きにより二人目不妊の原因の活性酸素が減少するのです。

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第7回配信

二人目不妊の原因のストレスを解消するセロトニンとは?

CIMG4157shu.jpg

骨盤の歪みを整えて子宮や卵巣の血液循環を改善!

二人目の妊活中のストレスで歪んだ骨盤を整えること!

二人目の妊活中に長い期間いろいろなストレスを感じると、副腎から分泌されるストレスホルモンのノルアドレナリンやコルチゾールなどの影響で血管が細くなり、そのため血液循環が悪くなります。すると骨盤に付いている筋肉やじん帯も固く縮んでしまい、骨盤を引っ張り、それが原因で二人目の妊活中の女性の骨盤が歪んでしまいます。。

すると二人目の妊娠に最も大切な子宮や卵巣への血流が悪くなったり、骨盤の中の子宮や卵巣に物理的な圧力が加わったり、また引っ張られたりして、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの分泌にも大きく影響しホルモンバランスが崩れる原因にもなります。

そのような理由で、ストレスが原因の骨盤の歪みは二人目不妊の大きな原因になるので、早急に整えることが非常に重要なんです。

ストレスを解消するセロトニンの働きについて

覚醒状態を維持します

平常心を維持します

交感神経を適度に刺激します

満腹中枢を刺激して食欲を抑えます

痛みを軽減させます

よい姿勢を維持します

セロトニンを積極的に増やしストレスを解消!

CIMG0100shu.jpg

セロトニンが増えるとストレスホルモンが減少?

幸せホルモンのセロトニンとストレスホルモンのノルアドレナリンやコルチゾールとは密接に関係していて、セロトニンの分泌が活発になると、二人目の妊活中のお身体にあるストレスホルモンは減少するのです。そのような理由で、セロトニンの分泌を活発にすると、活性酸素を発生するストレスホルモンの分泌を抑えられ二人目不妊の改善に繋がるのです。

セロトニンの分泌を活性化するには・・・

● 日光を一日に30分は浴びましょう!

妊活中の女性は日焼けや紫外線を避けるために日光をあまり積極的に浴びないことが多いのではないでしょうか。太陽光を浴びることでセロトニンの分泌は活発になるので二人目の妊娠力をアップするには大切なことなんです。

● リズムのある運動(規則的な運動)をしましょう!

体操やウォーキングなどリズムのある運動を積極的に行うことをお勧めします。でも走ったりすることはあまりお勧めではありません。激しい運動をすると二人目の妊活中のお母様のお身体に活性酸素が増加してしまいます。

 

● 腹式呼吸で落ち着いた気持ちにもなれます!

腹式呼吸を行うことで、副交感神経が刺激され血液循環も改善してセロトニンの分泌も活発になります。そうするとストレスが軽減するのです。

ファミリー自然医学整体院の誰でも何処でもできる腹式呼吸とは

  1. 最初に、10秒でお身体の空気を口からすべて吐き出す気持ちで呼気を行ってください。
  2. 次に、5秒で鼻から空気をお腹に貯める感覚で吸気を行ってください。
  3. 次に、5秒間呼吸を止めて、ご自身が一番気持ちが穏やかになる情景をイメージしてください。後はこの三つの繰り返しを、できれば10回ほどすこし暗いお部屋で行うと効果がより出ると思います。

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第6回配信

ストレスが二人目の妊活中に及ぼすいろいろな影響とは?

二人目不妊とストレスの関係とは?

私たちは日常生活でいろいろなストレスを感じます。冷え性、生理痛や生理不順、またなかなか思ったように妊娠できない二人目不妊の原因、子宮内膜症、子宮筋腫の原因になっていることもあるのです。

CIMG0100shu.jpg

妊活中のお身体はこんな時にストレスを感じます

ストレスの原因としては、身体的ストレスと精神的ストレスの二種類があります。

● 身体的ストレスとしては・・・

痛み、寒さ、痒み、喉の渇き、寝不足、空腹などです

● 精神的ストレスとしては・・・

つらさ、悲しみ、怒りなどです

CIMG0100shu.jpg

ストレスがお身体に及ぼす影響とは?

● セロトニンの分泌が減少することでうつ病やパニック障害の原因になると言われています。

● ストレスホルモンと言われる副腎皮質ホルモンのコルチゾールが過剰に分泌することで、高血圧、糖尿病などの原因にあると言われています。

● 血液循環が悪くなります。

● ストレスが長く続くと活性酸素が発生します。

● 骨盤だけでなく全身の骨格が歪みます。

不妊症や二人目不妊の改善には活性酸素の除去が大切!

CIMG0100shu.jpg

ストレスが原因の活性酸素を除去するには

私たちはストレスを感じると、副腎からストレスホルモンのコルチゾールなどを分泌しますが、その過程で活性酸素を大量に発生します。この活性酸素により女性の卵子や男性の精子、また女性の卵巣や子宮内膜などが傷つけられます。それにより女性ホルモンの分泌にも影響して、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症の原因の一つになるのです。

CIMG0100shu.jpg

第一に、活性酸素の発生を最小限にすること

妊活中は特に日常生活で活性酸素が発生する機会をできるだけ減らしましょう。活性酸素はこんな時にお身体に大量に発生します。例えば・・・

● 飲酒

アルコールは有害物質なので、肝臓でアルコールを解毒する過程で活性酸素が発生します。

● 喫煙

喫煙する過程で発生する多くの有害物質の除去の過程で活性酸素が発生します。

● 食品添加物

食品添加物は石油から合成された化学物質から作られることが多く、もともと自然界にはないので、人間の体はそれらを異物と判断して、それらを除去する過程で活性酸素が発生するのです。

● 電磁波

最近に日常生活の中では電磁波を発生する製品はたくさんあります。例えば、パソコン、スマホ、電磁調理器、電子レンジ、電気毛布、電気カーペットなどいろいろあります。私たちは強い電磁波をあびると、活性酸素が体内に発生するのです。

● 運度のやり過ぎ

運動をやり過ぎると、多くの空気を体内に取り込みます。その中に活性酸素が一定の割合で入っているため体内の活性酸素が増えるんです。

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第5回配信

副腎疲労で二人目不妊になるの?セルフチェックをしてみよう!

3つの項目にあてはまったら要注意!

  • 朝目覚めた時、なかなか起きられない!

  • いくら寝ても、疲れがまだ残っている!

  • すぐにイライラして、ささいなことですぐ怒ったりする!

  • 理由はないのに急に気分が落ち込んでしまうことがある!

  • 仕事をしているの時や運動する時にすぐに疲れてしまう!

  • コーヒーやエナジードリンクを飲まないとやる気がでない!

  • 最近物忘れが多くなり記憶力が低下した気がする!

  • すぐ風邪をひいてしまい、またなかなか治りにくくなった!

  • 最近特に性欲が減少し性交渉の回数が最近減った!

  • お腹の調子が良くなく、便秘や下痢を繰り返すことが多くなった!

  • 最近、血糖値が高くなった!

  • 午後になると甘いお菓子や飲み物が欲しくなったり、また夜にお酒を飲みたくなる!

  • 血圧が高くなった!

  • 肌が荒れてシミやシワが増えた気がする!

副腎疲労が二人目不妊の原因になっている?②

副腎疲労で妊娠するための女性ホルモンの原料不足に!

CIMG9932c23.jpg

  • 貴女の日常のストレスや腸内環境の悪化でできるリーキーガット症候群が原因で副腎から分泌されるコルチゾールと、二人目を妊娠するために最も重要な女性ホルモンの原料は実は同じでコレステロールなんです。

  • コレステロールは食べ物からは少ない割合で、実は肝臓で必要な量のほとんどが産生されます。腸内環境が良くないと、腸内にはいろいろな毒素、食品添加物、農薬など異物が多くあります。

  • 肝臓はいろいろな働きがあり、その一つが解毒作用です。お身体にいろいろな異物があるとそれらを解毒するために働きづめになり、コレステロールの産生が疎かになることがあります。

  • それに加え、コルチゾールの産生のために多くのコレステロールが使われてしまい、女性ホルモンを産生するための原料のコレステロールがあまり残っていない状態になるのです。

  • つまり、ストレスや腸内環境の悪化でリーキーガット症候群になると副腎が酷使され女性ホルモンの産生が抑制され、これが生理不順や排卵障害、着床障害に繋がり、貴女が二人目を妊娠しづらいお身体になる原因の一つになると考えられます。

二人目不妊に繋がる副腎疲労の原因のリーキーガットを防ぐには?

食品添加物

CIMG9932c23.jpg

  • 現代では、食品添加物がほとんどの食品に入っています。購入される時にラベルの表示を確認して、できる限り食品添加物の少ない食品を選びましょう。

  • 食品添加物は、お身体の腸内細菌を弱らせ、腸内細菌の総数を減少させ、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ腸の炎症の原因になります。

  • できるだけ新鮮な食材をご自身で調理することが、リーキーガット症候群の原因になる食品添加物をお身体に入れない一番良い方法であると思います。

アイスクリームなどの冷たい飲食物

CIMG9932c23.jpg

  • 二人目の妊活中の貴女は冷たいアイスクリームや冷えたビールを摂る機会が多いのではないでしょうか。

  • 冷えた飲食物を摂ると、胃腸が冷えて一気に腸内細菌のバランスが崩れ悪玉菌が優位になります。自律神経も副交感神経から緊張状態の交感神経に変わってしまいます。すると腸に炎症が発症しやすくなるのです。

乳製品のタンパク質のカゼイン

CIMG9932c23.jpg

  • 二人目の妊活中の貴女の食生活は、洋食が多いのではないでしょうか。洋食の材料はお肉類や乳製品が多いと思います。乳製品と言っても幅広く、牛乳、チーズ、アイスクリーム、ヨーグルト、ピザなど多岐にわたっています。

  • 乳製品中のタンパク質のカゼインは腸の内膜に炎症を起こすのです。炎症でできた腸の内膜の細胞間の小さな隙間から腸内のいろいろな異物が出てしまいます。

小麦製品

CIMG9932c23.jpg

  • 小麦は歴史が非常に長い穀物ですが、度重なる品種改良によって、最近の小麦中のタンパク質のグルテンは腸の粘膜に炎症を発症させることが多くなったと言われています。

  • 二人目の妊活中の女性がそのような小麦を材料としたパンやピザやパスタを食べると、小麦のタンパク質のグルテンが腸の上皮細胞に炎症を作り、それがリーキーガット症候群の原因になります。

  • グルテンフリーのパンや米粉を材料としたパンなどにされることをお勧めします。

カンジタ菌

CIMG9932c23.jpg

  • カンジタ菌はカビの一種で腸に住む常在真菌類の一種です。妊活中の女性がチョコレートや甘いケーキや甘いジュースなどを摂ると、それらがカンジタ菌のエサになり腸内で増えて腸に穴を作り炎症が発生し、リーキーガット症候群の原因になります。

  • そして炎症が発生すると、副腎(消防車)からコルチゾール(放水される水)が分泌され、それが長く続くと副腎疲労になり、女性ホルモンの原料がほとんど副腎に使われてしまいます。

  • 女性ホルモンが十分に分泌されないので、卵子も十分に成長できず、また排卵もうまくいかず、子宮内膜も着床するための十分な厚さになることができなくなり、妊娠しづらくなる原因になるのです。

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第4回配信

二人目の妊活中の副腎疲労とは?

二人目の妊活中の精神的ストレスまた身体的ストレスで副腎疲労に!

  • 二人目の妊娠を希望する女性が、いろいろな環境で精神的ストレス(つらさ、悲しみなど)または身体的なストレス(痛み、寒さ、寝不足、空腹など)を感じると、その情報は脳の視床下部⇒脳下垂体⇒副腎に伝わります。

  • 副腎は外側の副腎皮質と内側の副腎髄質に分かれていて、二人目の妊活中の女性がストレスを感じると、ストレスに負けないように対抗するために副腎皮質からはコルチゾールが分泌され、お身体の血圧を維持したり、血糖値を一気に上昇させます。

  • また副腎髄質からは、アドレナリンやノルアドレナリンが分泌され、アドレナリンが分泌されると血圧が上昇し、心拍数は増加し、また糖や脂質を代謝しエネルギーに変えます。

精神的ストレスまた身体的ストレスで副腎疲労に!

CIMG9932c23.jpg

  • このように二人目の妊活中に精神的ストレスや身体的ストレスを長期にわたり受け続けると副腎は疲れ果て、十分なコルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリンなどを分泌できなくなるのです。このような状態の副腎を副腎疲労といいます。

腸内環境の悪化⇒リーキーガット症候群⇒副腎疲労に!

CIMG9932c23.jpg

  • 最近は便秘ぎみの女性が多いのではないでしょうか。二人目の妊活中に仕事では多くのストレスを感じ、また外食ではお肉類やチーズなどの乳製品主体の洋食、自宅では食品添加物が含まれている調理済みのレトルト食品、冷凍食品、カップ麺、甘いお菓子、甘いジュース、アイスクリームなどを食べる機会が多いのではないでしょうか。

  • そんな食生活が主な原因となり、リーキーガット症候群になり腸に上皮細胞に炎症ができことがあるのです。つまり二人目の妊活中の女性の腸に隙間(小さな穴)ができ、腸のいろいろな内容物(悪玉菌、毒素、未消化物、細菌、ウィルス、抗生物質、食品添加物、環境ホルモンなど)が血液に流れ全身に回ります。

  • すると、腸からでたいろいろな異物は子宮や卵巣やいろいろな臓器またはお身体の脂肪細胞や皮膚の細胞などに蓄積します。するとお身体の防衛隊でありお掃除屋さんの免疫細胞(白血球)はお身体が非常事態であると感知して、それらの異物を除去しようと必死で近づき、活性酸素を出します。

  • すると、二人目の妊活中の女性の子宮や卵巣やその他の臓器、またいろいろな細胞に炎症が発生したり、アレルギーやアトピー、喘息などの症状になることがあります。

  • 副腎皮質ホルモンのコルチゾール(ステロイドホルモン)には消炎作用という重要な働きがあるので、二人目の妊活中のお身体に炎症が発現すると、その炎症を抑えるために長い期間にわたり分泌されることがあります。すると副腎は疲れ、副腎皮質から必要なコルチゾールが分泌できず、炎症が収まらないことになるのです。この状態も副腎疲労と言います。

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第3回配信

リーキーガット症候群による副腎疲労 子宮、卵巣の炎症

二人目の妊活中の副腎疲労、子宮や卵巣に炎症が?

  • ”リーキーガット症候群”とはあまり聞きなれない言葉だと思います。以前はあまり知られていなかったのですが、最近はいろいろな方面でかなり注目され始めました。

  • また”リーキーガット症候群”と”不妊”といったいどういう関係があるの?なんだか分かりずらいですね。

  • リーキーガット症候群とは、いろいろな原因で私たちのお腹の中の腸の内側の粘膜(上皮細胞)に炎症が発生して、粘膜の細胞と細胞の間に小さな隙間(小さな穴)ができてしまいます。

  • それで腸内の未消化物、毒素、老廃物、悪玉菌などがその隙間から漏れて血管を通じてお身体全身の細胞や臓器に回り、それが原因となりいろいろな炎症が起きることなんです。

自律神経、免疫、ホルモン分泌はいつもお互い連絡しています!

CIMG9932c23.jpg

  • ではなぜリーキーガット症候群(腸もれ)になるのでしょうか?その原因とはなんでしょうか?その原因について少し詳しく考えてみましょう。

  • その前に大切なこととして、私たちの身体は、自律神経や免疫や内分泌(ホルモン)などがお互いに連絡しあって、いろいろな物理的な困難なことがあったり、また精神的なストレスがあっても、何とかお身体が正常に働くようにうまく調整しているのです。

  • またお腹のいろいろな臓器である腸、肝臓、腎臓、副腎、すい臓なども独立的に働くのではなく、お互いに連絡し合って働いているのです。

リーキーガット症候群(腸もれ)の原因とは?

CIMG9932c23.jpg

  • 私たちは毎日、魚やお肉や野菜、乳製品、米、パン、お菓子、白砂糖一杯のジュースなどいろいろ食べたり飲んだりします。また料理にいろいろな油や調味料も使います。

  • またそれらの食材には、食品添加物、農薬、抗生物質などの化学合成成分もあります。またご家庭では、消臭剤、防虫剤、芳香剤などを悪影響をあまり考えず気楽に使用する場合もあります。

  • また、風邪をひいて抗生物質や痛み止めを飲む機会もあるかもしれません。

  • 実は、それらが原因となり、腸の粘膜に炎症が発生して腸の粘膜に隙間(小さな穴)ができるんです。これをリーキーガット症候群と言い、これが原因となりお身体のいろいろな箇所に炎症が発生するのです。

原因物質についてもう少し詳しく見てみましょう!

CIMG9932c23.jpg

  • リーキーガット症候群の原因物質としては、

  • 乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ、アイスクリーム、チョコレートなど)のタンパク質のカゼイン

  • 小麦製品(パン、ピザ、うどんなど)のタンパク質のグルテン

  • カンジタ菌(白砂糖を多く含んだ飲食物でカンジタ菌は増えます)

  • 食品添加物(防腐剤、PH調整剤、着色料、参加防止剤、防かび剤など)

  • 化学合成物質(農薬、抗生物質、防虫剤、消臭剤など)

  • 精神的なストレス

  • このような原因物質が腸から漏れ出し、血流に乗ってお身体のいろいろな臓器や脂肪細胞などに蓄積されます。するとそこの細胞内のミトコンドリアが元気がなくなり、その細胞の本来の働きができなくなるのです。

免疫細胞が細胞内のいろいろな異物の除去に活性酸素を放出!

CIMG9932c23.jpg

  • お身体のいろいろな臓器や細胞内の異物に対して、免疫細胞(白血球)はそれらを除去するために活性酸素を放出します。それでそこに炎症が発生するのです。

副腎が炎症を鎮めるためにコルチゾールを分泌!

  • お身体に炎症が発生すると、副腎はコルチゾール副腎皮質ホルモン)を分泌してその炎症を鎮めようとします。つまり、お身体に炎症があると、副腎はふる回転で消炎するために働かなければならないのです。すると副腎も疲れてしまいこれを”副腎疲労”と言います。

副腎皮質ホルモンのコルチゾールと女性ホルモンの原料は同じ!

CIMG9932c23.jpg

  • 実は、副腎皮質ホルモンのコルチゾールと妊娠に重要な役割をする女性ホルモンの原料は同じでコレステロールなんです。子宮や卵巣やその他の臓器のリーキーガット症候群による炎症で副腎皮質ホルモンのコルチゾールがかなりの割合で使われてしまうんです。

  • すると女性ホルモンの原料が不足するので十分な女性ホルモンが産生されず、卵の成育に影響したり、排卵障害になったり、着床障害になり不妊の原因に繋がっていくのです。

  • またリーキーガット症候群が原因で子宮や卵巣に炎症が発生することもあり、1:女性ホルモンの減少 2:炎症のダブルパンチで妊娠しづらいお身体になることもあるのです。

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第2回配信

※今回の第2回配信では、二人目不妊のいろいろな根本的で最も重要な、また普段あまり意識しない原因の項目を記しました。一般的には二人目不妊の原因は、加齢、排卵障害、女性ホルモン分泌のバランスが崩れること、生理不順、子宮内膜症、子宮筋腫、卵管閉塞、着床障害など結果的な症状について述べられていますが、このページ すごく役立つ”二人目不妊”特別情報の配信では、毎回なぜそのような症状が発症したのかという二人目不妊の本当の原因について順番に共に考えていきたいと思います。

二人目不妊のいろいろな原因の配信予定について!

二人目不妊のいろいろな原因

  • 体重増加やストレスによる産後の骨盤の歪みが原因の血液循環の悪化
  • 腸内環境が悪い(お腹が固く、冷たい、カンジタ菌要注意)
  • リーキーガット症候群による副腎疲労、子宮や卵巣の炎症
  • お身体の炎症修復で副腎のコルチゾールが不足で副腎疲労になり女性ホルモン不足に
  • 冷え性 低体温(冷たい飲食物の摂りすぎ、悪玉菌急増)
  • 良質のタンパク質や鉄分の摂取不足
  • ローフード(酵素を多く含んだ生野菜や果実など)の不足
  • 代謝酵素がお身体に不十分(活性酸素の除去に体内の抗酸化酵素を利用)
  • 乳製品の摂りすぎ(女性ホルモンのバランスの崩壊)
  • サラダ油、キャノーラ油、マーガリンの摂りすぎ(オメガ6、細胞膜の劣化、炎症の発生、ミトコンドリア機能低下)
  • アルコール、タバコの影響(活性酸素の影響)
  • 運動不足などによる基礎代謝の低下(特に足の筋肉)
  • 食品添加物、農薬、抗生物質などによる活性酸素の影響
  • 子育てによる不規則な生活 睡眠不足
  • ご夫婦の性交渉の減少(義務的になりがち)
  • 育児によるストレス(時間的制約)
  • 仕事によるストレス(仕事と育児の両立の困難さ)
  • 受精卵の着床を妨げる免疫細胞、受精卵は異物?)
  • クラジミア(性感染症)による影響

ただ今”ぐっと”お得な
ファミリー特別キャンペーン実施中!

すごく役立つ”二人目不妊の改善”
特別情報 第1回配信

二人目の妊活が可能な時期について

二人目の妊活はいつ始めるとよいでしょうか?

  • 産後のお母様は個人差はありますが6ヵ月~約1年近く赤ちゃんへの授乳をすることが多いと思います。お母様にとっても大切な赤ちゃんを無事にまた健康に育てることが一番大切ですね。

  • 産後のお母様が授乳をしている期間は、プロラクチンという母乳を生産するために働くホルモンが分泌しています。

  • プロラクチンというホルモンは女性の排卵を抑制する働きがあるので、授乳している期間は排卵は抑制され、それにより受精がほぼないので妊娠しにくくなります。

CIMG9932c23.jpg

 

  • また出産は女性のお身体にとって大きなダメージになり、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)分泌の急激な変化や、次の妊娠に備えるための子宮内の自然修復にある程度時間が必要になります。

  • その期間は生理が来なかったり、生理周期が不順になるのです。

  • そのため、二人目の妊活は卒乳の後に始めるとよいと思います。

CIMG0023s10.jpg





 

二人目不妊を改善する妊活整体 
二人目不妊と受精卵の着床を妨げる免疫細胞

最近、”二人目不妊”という表現をよく聞きます。妊娠を希望する女性が1人目は予定通り妊娠できたが、二人目を希望しても思ったように妊娠できないことが多いのです。なぜ二人目が1人目のように妊娠できないのか、その原因をいろいろ考えてみると、1人目を妊娠した時と妊娠するための何の条件が違うのでしょうか?ご夫婦の年齢が上がることによるお母様の卵子の老化?性交渉の減少?子宮内膜が着床しにくい状態になっている?仕事や一人目の育児のストレス?それらも原因の一つだと思います。

またファミリー自然医学整体院では、二人目不妊の原因は他にもあると考えます。妊娠を願う女性のお身体にとっては受精卵は弱い異物なんです。1人目の妊娠時は免疫細胞(白血球)も受精卵を異物とは判断ができないので受精卵は女性の子宮内膜に着床できます。

CIMG0023s10.jpg





 

しかし二人目の時は、免疫細胞も受精卵は女性にとって弱い異物であると教育され、せっかく受精した受精卵の子宮内膜への着床を免疫細胞が妨げるのです。そのため思ったように二人目が妊娠できないのです。ファミリー自然医学整体院の二人目不妊の改善整体では、スーパー緩温法により免疫細胞(白血球)を教育する役割の副腎だけでなく、肝臓、子宮、卵巣に対してもソフトで安全なアプローチをして二人目を妊娠しやすいお体を作っています。

CIMG0023s10.jpg





 

CIMG0023s10.jpg





 

CIMG0023s10.jpg





 

ファミリー自然医学整体院の内容

ファミリー自然医学整体院(名古屋・妊活整体サポートセンター)は、本格的な女性疾患専門整体院として、不妊症の整体、二人目不妊の整体、子宮筋腫や子宮内膜症の改善整体、また便秘の改善整体などを行っています。

キャンペーンのお問合せ ご予約は
今すぐ お電話・LINEメールで!

CIMG1468 (2)shu11.jpg

052-791-1355

友だち追加

CIMG6924 (2)b.jpg

右の画像は、ファミリー自然医学整体院(名古屋レディース整体院)の外観です。

交通は便利でバス通りにあり、近くに3台の駐車場も有ります。

アクセスはこちら

主なお客様エリア

名古屋市 守山区 名東区 千種区 東区 北区 天白区 緑区 昭和区 瑞穂区 緑区 熱田区 中区 中川区 南区 港区 中村区 西区 春日井市 尾張旭市 瀬戸市 日進市 長久手市 みよし市 豊田市 小牧市 一宮市 北名古屋市 東郷町 江南市 あま市 その他

 

免責事項

このホームページ全般に記載された健康情報は啓発を目的としていますので、これらの情報を直接、または間接に利用したことで被ったいかなる損害についてはこのホームページ運営者は一切の責任を負いません。

二人目不妊の改善整体についての連絡先は

ファミリー自然医学整体院(名古屋レディース整体院)
お問い合わせ・ご予約はこちら

ファミリー自然医学整体院のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。お問い合わせ、ご相談はお電話、メールにて受け付けております。

CIMG1295sf10.jpg

休日:日曜のみ、完全予約制(施術約60分)
赤ちゃん連れ 子連れOK

 当整体院へのアクセスはこちら
 施術料

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなた様からのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問い合わせはこちら

052-791-1355

受付時間 9:00~21:00

プロフィール紹介

ファミリー自然医学整体院 院長
整体師:中村 聡

CIMG2231縮小70.jpg

整体院長プロフィール

整体院のご案内

CIMG6928 (2)b2.jpg

〒463-0057
名古屋市守山区中新5-2

ファミリー自然医学整体院 レディース整体

052-791-1355

052-791-1355

レディース整体のご案内

整体院の施術曜日・時間

通院エリア

愛知県

名古屋市/守山区/春日井市/尾張旭市/瀬戸市/多治見市/
可児市/瑞浪市/土岐市/
各務原市/北名古屋市/千種区
名東区/北区/東区/天白区/
緑区/昭和区/西区/瑞穂区/
中区/南区/港区/豊田市/
東郷町/小牧市/長久手町/
日進市/岐阜市/大垣市/
一宮市/江南市/犬山市/
稲沢市/豊明市/大府市/
刈谷市/東海市/安城市/
清須市/みよし市/あま市/
岡崎市/半田市/四日市市/
桑名市/豊山町/大口町/
春日町/甚目寺町

QRコード